こまごめ通信vol.26(2021年5月号)ができました

 

 駒込を愛する人びと「駒込人」が発行するこまごめ通信。駒込人お気に入りの人やお店、スポットを紹介します。
 さつきが咲いたと思ったら、早くも梅雨のような空模様。あじさいが雨の中鮮やかに咲いています。遠出もはばかられるし、近くにあるお店やお気に入りの場所でリフレッシュしましょうか。

巷でウワサの「ボン活」とは何か?

 その正体は「日曜日の朝、駒込野菜市場(MAP①)で野菜を買った後、洋菓子店「ボンガトウ」(②)に寄ってモーニングを食べる活動」の略称です。

 駒込駅東口のさつき通りにあるこのレトロポップなお店のオープンは一九七七年(!)だそうです。ガラスケースには「街ケーキ」と呼ぶべき名品が何種類も並んでいます。お薦めは全てですが、一つだけ選ぶとしたら、モカかチーズケーキでしょうか(二つじゃん!) 。

 またモーニングは朝九時から、トーストを中心に六種類ありコーヒー含めどれも抜かりなく美味しいです。 着席→注文をしたら、市場で買った野菜をチェックしたりしながら暫しのモグモグタイム。

 オレンジのランプの下、BGMのビートルズを延々と聴きながらガラス窓越しに通りを行き交う人達の姿を眺めていると、日頃のイヤな事も、頼まれていた用事もさぁーっと忘れていきます。それは正に「レリビー(Let It Be)」なひととき。

 私達はこういう場所がいつでも普通にあるものとつい思ってしまいますが、しかし実はお店に関わる方々の長年の努力や献身の上に成り立っているのではと思います。

 新しいお店が出来ては無くなる移り変わりの早い世の中、こういうお店が永く続いているという事は、言い換えればその長ーい歴史の間に数え切れない人達に幸せを与え続けてきたという事。それは数字には表せられない何とも尊いことではないでしょうか。

 そんなまとめで、自分の寄り道を正当化しておこうと思います。

川上裕希夫(会社員)

水曜日のパン屋

 

 週の半ば、おいしいパンで元気をチャージしたい気分になる。そんなときは「飯粉屋」(③)だ。
 最初「めしこなや」だと思っていた。なんかちょっとゴロ悪いような……? しかし店名が読めなくても問題はない。パンとお店はそこにある。でも、なんかしっくりこないんだよなーと思っていたある日、「飯粉屋」は「ぱんこや」だと知った。なんだ、めちゃくちゃゴロ良いじゃないか(笑)

 平日の日中駒込に居るようになって初めて気づいたのだが、霜降・染井銀座商店街は水曜定休のお店が多い。そんな中、静かな商店街に飯粉屋の幟(いつからか「サンドイッチ」に変わった?以前は「自家製パン」だったような気がするのだけど) が見えるとホッとする。

 ちなみに、サカガミの向かいにある「NAO」(⑤)も水曜日開いているお気に入りのパン屋さん。でも入り口手前に階段があるのです。ほんの数段なんだけど、ベビーカーと共に降りられず泣く泣く諦めることも……。そんな訳で、抱っこ紐使用中はNAOへ、ベビーカー使用中は飯粉屋へ行くというマイルールが、最近自然とできました。

 さて話は戻って、飯粉屋さん。開け放たれたドアから中を覗きつつ、店に入る前から品定め! ……にもかかわらず、迷ってすぐには決められない。ぶつぶつひとりごちながらパンを選んでいると、「どうぞごゆっくり〜!」と声をかけてくれる。会計時も割ともたもたしている私だけど、急かされたことはない。お店の方は、いつも笑顔で手際良くパンをまとめてくれる。

 高確率で選んでしまうのは「えびかつパン」。ギュッとした生地の「ぶどうクランベリー」や「いちじく」も好き(正確には商品名違うかも? レジ右手前のカゴに入っているパンです)。
 小さな店内に美しく並ぶ、たくさんのかわいいパンたち。いつか全メニュー制覇したいな。


くれまちこ(駒込レベル中級ライター)

あすかまやこうえん

 こまごめでは、あすか まやこうえん(⑥)がすき。こうえんにすべりだいとかある。かあちゃんがすべりだいをして、高いからぶるぶるしてたのがおもしろかった。

 せんろのうえにはし(飛鳥山下跨線人道橋⑦)があって、でんしゃがたくさん見えておもしろかった。

 かえりにケーキをたべた。(トップスキーズカフェ王子サンスクエア店⑧)

カイ(こまごめうまれの五歳児)

こまごめニュース

 二〇二〇年四月~二〇二一年三月のこまごめ通信を集めた「こまごめ通信本」②が、フタバ書店(⑨)さん、coma(⑩)さん、カフェ・ポート・ブルックリン(⑪)さん、華水月(⑫)さん他で発売中です! ぜひご覧ください。

 「こまごめ通信本」②の発売を記念して、「こまゴメスビール」が発売されたニャ。現在はオンラインショップで販売中。プレゼントに喜ばれる一品だニャ。ぜひ買ってニャ。

 こまゴメスのinstagramFacebookページは週三回、きままに更新中だニャ!こまごめ情報を網羅するゴメスのお散歩やおすすめをぜひチェックしてほしいニャ。

こまごめ通信とは

 街を行きかうこまごめ人が、自分たちの好きな場所について静かに語る。こまごめへの愛をひっそり描く。

 この街で生活する人たちの息遣いが感じられるような、そんなコミュニティペーパーです。一年分の記事をまとめた冊子「こまごめ通信本①②」は、フタバ書店さんで販売中です。


 定期購読をご希望の方は、「定期購読希望」と書き、 こちらから連絡ください!
発行:こまごめ通信 編集部
編集:織田博子
校正:くれまちこ
バックナンバーはこちら


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です